仲間と共に熱くなれ!
日本初、バドミントン新競技
B-FORCE SWELL FITNESS

BADMINTON B-FORCE SWELL FITNESS

MESSAGEメッセージ

チームプレイであり、
個人プレイでもある

バドミントンの進化競技
B-FORCE SWELL FITNESS

日本新競技B-FORCE SWELL FITNESSは、
バドミントンの進化系スポーツです。
シングルでは4人1組のチーム、ダブルスでは6人1組のチームを組み、1球打つごとにローテーションでプレイをします。

従来のバドミントンとは異なり、1球打って後ろに下がるため、瞬発的に次のショットを考える必要はありません。

その点でB-FORCEは、バドミントン初心者でもはじめやすいスポーツであると言えます。

チームプレイであり個人プレイでもある。
B-FORCE SWELL FITNESSを、あなたもはじめてみませんか?

FEATUREB-FORCE SWELL FITNESSの特徴

スピード感と迫力!
皆で興奮できるスポーツ

B-FORCE SWELL FITNESSの「B」は、
バドミントン(BADMINTN)の頭文字から。
「FORCE」は、シングルの4人チーム(FOURTH)。

さらに、チーム内で選手が目まぐるしく入れ替わる流れを、空を駆け巡る空軍「AIR FORCE」のイメージから由来しています。

そして「SWELL FITNESS」は、いつまでも元気でいてほしいという願いが込められています。

本スポーツの面白さは、バドミントン初心者から経験者まで、皆が一つになって楽しめること。
そして、ローテーションのスピード感や緊張感に、観客席も一体となって盛り上がれることにあります。

REASON選ばれる理由

REASON 01

初めての方でも楽しめます!

競技種別は2種類「B-FORCE SWELL FITNESS S(シングル戦)」と「B-FORCE SWELL FITNESS D(ダブルス戦)」「B-FORCE SWELL FITNESS M(ミックス戦)があり、さらにコートはミドルコート(サービスライン前除外)と動く範囲を少なく制限しもっと沢山の方に愛されるような設定となっています。
1球打って次の人に交代するのでラケットに当てられたら楽しめます!

REASON 02

迫力のプレイに盛り上がる!

バドミントンの面白くも難しい点は、クリアーやドロップ、スマッシュなどを瞬発的に判断し打ち返さなければならないこと。

しかしB-FORCE SWELL FITNESSでは、1球ごとにローテーションするため、瞬発的に次のショットを考えることはありません。一打に集中して下さい。

サーブバックラインからアタックサーブを打つこともでき、1回1回、迫力のプレイを楽しむことができます。

REASON 03

急展開あり?!
緊張感のあるゲーム設定

試合は1セット21点(ファイナルは11点)を2セット先取したほうが勝ち(延長なし)。また、相手チームと10点差が付いたらコールドゲームで試合終了です。

さらに1セットで1度だけ3点トリプルチャンスを宣言することができます。3点トリプルチャンスとは、宣言をした次のラリーで勝利すると3点ゲットできるルール。

ピンチを凌ぐために使うか、または一気に勝負を付けるために使うか。見る側はドキドキ、選手はチーム戦略を考えることも、面白さの一つです。

REASON 04

瞬間の判断能力のトレーニングになる!

前のプレーヤーが打ったショットに対して自分はどうしたら良いか?また、次のプレーヤーの為にはどのショットでどこを攻めた方が良いのか瞬間的に考えるトレーニングになります。

REASON 05

コミュニケーション能力を高めるトレーニングになります!

チームの仲間で協力して戦略を考えたり、ミスした時は支え合い、決めた時は仲間と思いっきり喜びを分かち合えます。やっていたら病みつきになること間違いありません。

LECTURER代表紹介

バドミントン新競技 B-FORCE SWELL FITNESS
考案者、代表からのごあいさつ

バドミントンの初心者から経験者まで楽しめるB-FORCE SWELL FITNESSは、スポーツゲームとして楽しむのはもちろん、運動不足解消や健康維持にも大きく役立つ生涯スポーツです。
考案者、代表からのごあいさつは、以下をクリックください。

代表紹介へ

CONVENTION INFO大会情報

はじめての方も、
お気軽にご参加ください!

1球打つごとにローテーションするため、
バドミントン初心者でもはじめやすいのが特徴です。
おひとりでのご参加はもちろん、友人を誘っての大会出場も大歓迎です!

現在予定されている大会はありません。

BLOGブログ